まずは健康

歯が痛い?歯茎が痛い?歯周病対策の最終兵器を紹介します。

ジェットウォッシャー

歯が痛い!という場合は虫歯で歯が痛いこともありますが、歯周病で歯茎が腫れて痛い!ということも多いです。

歯周病の対策はとにかく歯の間、歯と歯茎の間をきれいにすることですが、これが結構大変です。

できるだけ簡単にできるいい方法はないでしょうか。

歯周病対策は大変です。

歯周病

数年前、急に奥歯が痛むようになり歯科医に診てもらったところ、歯周病がかなり進行していることが分かりました。

それまでは”歯周病”がどんなものかもほとんど知らなかったのです。

そして歯医者さんにいろいろ教えられたり自分で勉強したりで、やっとどんなものかが分かりました。

  • 歯周病菌が繁殖することで歯を支えている骨(歯槽骨)が溶ける。
  • 一度溶けたところは元に戻らない。
  • ほっておくと歯を支えることができなくなり抜けてしまう。

という実はなかなか厄介なものだったのです。

歯を支えている骨が溶けて後退してしまうと、歯と歯茎の間にポケットのようなものができてしまいます。
ここに歯周病菌がさらに繁殖して・・・・、で進行していってしまうのです。

歯周病こんな感じです。歯磨きの後で血が出るようになったら危険信号です。

そして進行を抑えるために毎日やるべきことが、とにかく汚れを落とすことなのです。

  • 歯と歯の間のよごれを落とす。
  • 歯と歯茎の間の汚れを落とす。

ブラシとフロスを使って、毎日しっかりと汚れを落とさなければなりません。
これがなかなか大変です。

さらにある程度歯周病が進んでしまうと、歯周ポケットが深くなってしまっているので、ブラッシングで歯と歯茎の間の汚れを取るのは困難を極めます。

そして良いものを見つけました!

歯周病進行対策にジェットウォッシャーが素晴らしい!

パナソニックのドルツ ジェットウォッシャー

”歯周病対策の最終兵器”と言ってもいい、パナソニックのドルツ ジェットウォッシャーです。

水流の力で”歯と歯の間”や”歯と歯茎の境目”といった、落としにくいところの汚れをとってくれます。

さらに、歯ブラシだと絶対届かないような深い歯周ポケットの中の汚れまでかき出してくれます。

ジェットウォッシャー水流で汚れを落とします。”https://panasonic.jp/teeth/products/EW-DJ71.html”

私が使っているのはこれです。

毎日朝と夜に1回ずつ使っています。

  • 毎朝

まずは普通の歯ブラシで歯を磨きます。歯と歯茎の間を意識しましょう。
ブラシのかたさは”ふつう”で、歯磨き粉は研磨剤の入っていないものを使います。

そのあと、この”ジェットウォッシャー”を使い、歯と歯の間、歯と歯茎の間をきれいにしていきます。

水流の強さは2~3くらいの弱めでやっています。
歯周ポケットに水流を当てると「あ~、水がポイントの中まで入ってるなぁ。」という感覚があります。

一番深いところに当てているときは、妙に生臭い水が口から出てきます。
ポケットが深いのでブラッシングでは絶対に落とせないところです。

  • 毎晩

夜寝る前に、ジェットウォッシャーのみを使ってキレイにしています。

効果

これを始めて2年ちょっとが経ちました。

あんなに痛かったのに・・・・。

しかし嘘のように、症状が出なくなりました。

歯医者に行くのは今は定期検査で年に1~2回だけ。
診てもらった時は「頑張ってきれいにしてますね~」と感心されました。

無人島に1つだけ持って行く電化製品を選べ、と言われたらこれを持って行くかも。
それくらい今では毎日の必需品です!

ひとこと

悩んでいる方はぜひ試してほしい。
でも、一度は信頼できる歯医者で診てもらうことも忘れずに。

歯周病の関連本をいくつ読みしましたが、ジェットウォッシャー(ウォーターピック)を使いましょう、と書いてある本はほとんどないですね。
歯医者から勧められたこともないです。

こんなに効果があるのに、なんだかちょっと不思議な感じです。

携帯ジェットウォッシャーも買っておきましょう。
旅行時に重宝します。